10月14日

  1. 【春の季語】虚子忌(虚子の忌)

    【春の季語=晩春(4月)】虚子忌(虚子の忌)俳人・高濱虚子の忌日。「仏生会」(お釈迦様の誕生日)と同じ、4月8日である。正岡子規が立ち上げた「ホトトギス」の継承者として、明治・大正・昭和の俳句を牽引した虚子…

  2. 【秋の季語】西の虚子忌(西虚子忌)

    【秋の季語=晩秋(10月)】西の虚子忌(西虚子忌)虚子の命日である…

  3. 【春の季語】椿寿忌

    【春の季語=晩春(4月)】椿寿忌「虚子忌」のこと。「仏生会」(お釈迦様の誕…

おすすめ記事

  1. 追ふ蝶と追はれる蝶の入れ替はる 岡田由季【季語=蝶(春)】
  2. ぬばたまの夜やひと触れし髪洗ふ 坂本宮尾【季語=髪洗ふ(夏)】
  3. 【新年の季語】包丁始(庖丁始)
  4. 【第6回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:阪西敦子・太田うさぎさん)【後編】
  5. 【冬の季語】寒

Pickup記事

  1. 【#28】愛媛県の岩松と小野商店
  2. 【春の季語】魚氷に上る
  3. 女に捨てられたうす雪の夜の街燈 尾崎放哉【季語=雪(冬)】
  4. 香水の一滴づつにかくも減る 山口波津女【季語=香水(夏)】
  5. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第5回
PAGE TOP