「りとむ」

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第101回】田村元

    交流という遺産田村元(歌人・「りとむ」「太郎と花子」所属)神保町に俳人が集まる立ち飲み屋があることを、歌人の三原由起子さんから聞いたのは、2011年か2012年頃だったろうか。ぜひ行ってみたいと思っていたものの、当…

おすすめ記事

  1. 春や昔十五万石の城下哉 正岡子規【季語=春(春)】
  2. 秋鯖や上司罵るために酔ふ 草間時彦【季語=秋鯖(秋)】
  3. 【特集】東日本大震災 10年を迎えて
  4. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第10回】写真と俳句のグループ展のこと
  5. 仲秋の金蠅にしてパッと散る 波多野爽波【季語=仲秋(秋)】

Pickup記事

  1. 春雪の一日が長し夜に逢ふ 山田弘子【季語=春雪(春)】
  2. 数と俳句(三)/小滝肇
  3. 【春の季語】春の夜
  4. 体内の水傾けてガラス切る 須藤徹【無季】
  5. 蜆汁神保町の灯が好きで 山崎祐子【季語=蜆汁(春)】
PAGE TOP