「アララギ」

  1. 昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ 佐藤佐太郎

    昼ごろより時の感じ既に無くなりて樹立のなかに歩みをとどむ佐藤佐太郎「時の感じ」というのが良い。舌足らずというより、言い表したくとも言葉としていまいち何といっていいか迷う感覚を、ぐっと掴み出してきたよ…

おすすめ記事

  1. 【オンライン勉強会のご案内】「東北の先人の俳句を読もう」
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第111回】宮澤正明
  3. 老僧の忘れかけたる茸の城 小林衹郊【季語=茸(秋)】
  4. アルプスの雪渓見えてくる離陸 稲畑汀子【季語=雪渓(夏)】
  5. 馬鈴薯の一生分が土の上 西村麒麟【季語=馬鈴薯(秋)】

Pickup記事

  1. 「けふの難読俳句」【第2回】「尿」
  2. 夏しんと遠くめぐらす朝の森 大牧広【季語=夏の朝(夏)】
  3. 東風吹かば吾をきちんと口説きみよ 如月真菜【季語=東風(春)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【6月11日配信分】
  5. 【冬の季語】冬木
PAGE TOP