「万蕾」

  1. 鯛の眼の高慢主婦を黙らせる 殿村菟絲子

    鯛の眼の高慢主婦を黙らせる殿村菟絲子(『路傍』昭和35年)「鯛」は魚を好んで食べる日本人が最上位にうまい魚としているがゆえに、天然物は押しも押されもせぬ高級魚。そしておもしろいことに、馴染みの深い魚…

おすすめ記事

  1. 本州の最北端の氷旗 飯島晴子【季語=氷旗(夏)】
  2. 【春の季語】三月
  3. 詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女【季語=二月(春)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第126回】坪井研治
  5. 【秋の季語】新蕎麦

Pickup記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年5月分】
  2. ひめはじめ昔男に腰の物 加藤郁乎【季語=ひめ始(新年)】
  3. 秋櫻子の足あと【第1回】谷岡健彦
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第125回】峯尾文世
  5. あれは伊予こちらは備後春の風 武田物外【季語=春の風(春)】
PAGE TOP