「写真とコトノハ展」

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第54回】倉田有希

    写真とコトノハ展@銀漢亭倉田有希(「写真とコトノハ展」代表)銀漢亭を初めて訪れたのは平成25年の夏だった。伊那男主宰に写真と俳句の展示のことをお話しすると快く承諾して下さり、11月の開催が決まった。銀漢亭の…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第9回】今井麦
  2. 【連載】新しい短歌をさがして【18】服部崇
  3. 【冬の季語】霜柱
  4. 胸元に来し雪虫に胸与ふ 坂本タカ女【季語=雪虫(冬)】
  5. 口中のくらきおもひの更衣 飯島晴子【季語=更衣(夏)】

Pickup記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第40回】青木亮人
  2. 東京の白き夜空や夏の果 清水右子【季語=夏の果(夏)】
  3. 【春の季語】薄氷
  4. 彫り了へし墓抱き起す猫柳 久保田哲子【季語=猫柳(春)】
  5. 性あらき郡上の鮎を釣り上げて 飴山實【季語=鮎(夏)】
PAGE TOP