「壺」

  1. 北寄貝桶ゆすぶつて見せにけり 平川靖子【季語=北寄貝(冬)】 

    北寄貝桶ゆすぶつて見せにけり)平川靖子『北海道俳句年鑑2022』より 北海道に来て、苦手だったものが大好物に変わった。それは、「貝」である。東京にいた時、食べることができたのは牡蠣・帆立くらいで、そ…

  2. あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎【季語=寒し(冬)】

    あまり寒く笑へば妻もわらふなり)石川桂郎 笑うことと泣くこ…

  3. 蝦夷に生まれ金木犀の香を知らず 青山酔鳴【季語=金木犀(秋)】 

    蝦夷(えぞ)に生まれ金木犀の香を知らず)青山酔鳴(すいめい)(『雪華』20…

  4. 初燈明背にあかつきの雪の音 髙橋千草【季語=初燈明(新年)】 

    初燈(とう)明(みょう)背にあかつきの雪の音)髙橋千草(ちぐさ)(北海道俳…

  5. 昼酒に喉焼く天皇誕生日 石川桂郎【季語=天皇誕生日(春)】

    昼酒に喉焼く天皇誕生日石川桂郎今日は令和になって二度目の天…

おすすめ記事

  1. 襖しめて空蟬を吹きくらすかな 飯島晴子【季語=空蟬(夏)】
  2. 詩に瘦せて二月渚をゆくはわたし 三橋鷹女【季語=二月(春)】
  3. 【書評】仙田洋子 第4句集『はばたき』(角川書店、2019年)
  4. 酒庫口のはき替え草履寒造 西山泊雲【季語=寒造 (冬)】
  5. 【書評】佐怒賀正美 第7句集『無二』(ふらんす堂、2018年)

Pickup記事

  1. 水底を涼しき風のわたるなり 会津八一【季語=涼し(夏)】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年5月分】
  3. いつ渡そバレンタインのチョコレート 田畑美穂女【季語=バレンタインチョコ(春)】
  4. 天窓に落葉を溜めて囲碁倶楽部 加倉井秋を【季語=落葉(秋)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第104回】坂崎重盛
PAGE TOP