「東京ヘップバーン」

  1. どこからが恋どこまでが冬の空 黛まどか【季語=冬の空(冬)】

    どこからが恋どこまでが冬の空黛まどか(『くちづけ』) 〈輝く白い 恋の始まりは とてもはるか 遠く昔のこと〉と歌ったのは華原朋美(「I BELIEVE」作詞作曲:小室哲哉)である。恋の始まりは、いつ…

おすすめ記事

  1. 集いて別れのヨオーッと一本締め 雪か 池田澄子【季語=雪(冬)】
  2. カードキー旅寝の春の灯をともす トオイダイスケ【季語=春の灯(春)】 
  3. ある年の子規忌の雨に虚子が立つ 岸本尚毅【季語=子規忌(秋)】
  4. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第6回
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第36回】銀座と今井杏太郎

Pickup記事

  1. なつかしきこと多くなり夜の秋 小島健【季語=夜の秋(夏)】
  2. 【新企画】コンゲツノハイク(2021年1月)
  3. 【夏の季語】蜘蛛の糸
  4. 柿食へば鐘が鳴るなり法隆寺 正岡子規【季語=柿(秋)】
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2022年6月分】
PAGE TOP