「花鳥」

  1. 鴨が来て池が愉快となりしかな 坊城俊樹【季語=鴨来る(秋)】

    鴨が来て池が愉快となりしかな坊城俊樹歳時記によると、「鴨来る」は「鴨渡る」と並んで「初鴨」の傍題だ。秋になると、鴨だけでなく大小さまざまの鳥が北方から渡って来る。白鳥や鷹、雁、鶴といった鳥たちの渡り…

  2. 燈台に銘あり読みて春惜しむ 伊藤柏翠【季語=春惜しむ(春)】

    燈台に銘あり読みて春惜しむ伊藤柏翠(はくすい)おとなしくし…

  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第105回】藤森荘吉

    瓢箪から駒藤森荘吉(「ホトトギス」「花鳥」「夏潮」)《発端》:「お酒飲みな…

カテゴリー記事一覧

記事一覧

PAGE TOP