「詩風土」

  1. 木琴のきこゆる風も罌粟畠 岩田潔【季語=罌粟(夏)】

    木琴シロホンのきこゆる風も罌粟畠岩田潔さいきん公道でマスクをはずしてもよくなった。一年ほど家の外でマスクをしていただけで、はずしたとたんこんなにも街の匂いがどぎつく感じられるのか!と驚きながらほっつ…

おすすめ記事

  1. 【連載】新しい短歌をさがして【4】服部崇
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第42回】 山中湖と深見けん二
  3. 花八つ手鍵かけしより夜の家 友岡子郷【季語=花八つ手(冬)】
  4. 革靴の光の揃ふ今朝の冬 津川絵理子【季語=今朝の冬(冬)】
  5. 野崎海芋の「たべる歳時記」 七草粥

Pickup記事

  1. 雛納めせし日人形持ち歩く 千原草之【季語=雛納(春)】
  2. 鱶のあらい皿を洗えば皿は海 谷さやん【季語=鱶(冬)】
  3. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#18
  4. 【連載】久留島元のオバケハイク【第5回】夜長の怪談
  5. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第7回
PAGE TOP