「風土」

  1. あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎【季語=寒し(冬)】

    あまり寒く笑へば妻もわらふなり)石川桂郎 笑うことと泣くこと。スイッチは反対側についているが体の中で起きている現象は同じだと思う。 高校時代のある日の放課後、ふとした折に笑いが止らなくなった…

  2. 昼酒に喉焼く天皇誕生日 石川桂郎【季語=天皇誕生日(春)】

    昼酒に喉焼く天皇誕生日石川桂郎今日は令和になって二度目の天…

おすすめ記事

  1. 「けふの難読俳句」【第1回】「直会」
  2. 武具飾る海をへだてて離れ住み 加藤耕子【季語=武具飾る(夏)】
  3. こんな本が出た【2021年6月刊行分】
  4. 来たことも見たこともなき宇都宮 /筑紫磐井
  5. 男色や鏡の中は鱶の海 男波弘志【季語=鱶(冬)】

Pickup記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年10月分】
  2. 【夏の季語】和蘭陀獅子頭
  3. こぼれたるミルクをしんとぬぐふとき天上天下花野なるべし 水原紫苑
  4. 街坂に雁見て息をゆたかにす 福永耕二【季語=雁(秋)】
  5. 【秋の季語】秋暑し
PAGE TOP