あく

  1. あきざくら咽喉に穴あく情死かな 宇多喜代子【季語=あきざくら(秋)】

    あきざくら咽喉に穴あく情死かな宇多喜代子(『りらの木』) 映画でもドラマでも自刃する時は、喉に短剣を突き立てるシーンが印象に残る。喉に思いっきり刃物を刺しても骨に当たるので、その横を流れる頸動脈を切…

  2. こすれあく蓋もガラスの梅雨曇 上田信治【季語=梅雨曇(夏)】

    こすれあく蓋もガラスの梅雨曇上田信治アメリカには〈梅雨〉が…

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年1月分】
  2. 【冬の季語】日向ぼこ
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第73回】芥ゆかり
  4. 【夏の季語】夏蝶
  5. 窓眩し土を知らざるヒヤシンス 神野紗希【季語=ヒヤシンス(春)】 

Pickup記事

  1. 菊食うて夜といふなめらかな川 飯田晴【季語=菊(秋)】
  2. 雪が来るうさぎの耳とうさぎの目 青柳志解樹【季語=雪(冬)】
  3. 初燈明背にあかつきの雪の音 髙橋千草【季語=初燈明(新年)】 
  4. 絵葉書の消印は流氷の町 大串章【季語=流氷(春)】
  5. 流氷が繋ぐ北方領土かな 大槻独舟【季語=流氷(春)】 
PAGE TOP