おれば

  1. あえかなる薔薇撰りをれば春の雷 石田波郷【季語=春の雷(春)】

    あえかなる薔薇撰りをれば春の雷 石田波郷「春の雷」は、啓蟄の頃の雷と思って読んだ。虫も土から出るか出ないかの時分、茎のか細い薔薇の中から割合良いものを選んでいたところ、ひとつふたつ春の雷が閃いた。そ…

おすすめ記事

  1. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花(秋)】
  2. 一匹の芋虫にぎやかにすすむ 月野ぽぽな【季語=芋虫(秋)】
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2021年8月分】
  4. 麺麭摂るや夏めく卓の花蔬菜 飯田蛇笏【季語=夏めく(夏)】
  5. 恋ともちがふ紅葉の岸をともにして 飯島晴子【季語=紅葉(秋)】

Pickup記事

  1. 橋立も歩けば長し松落葉 高林蘇城【季語=松落葉(夏)】
  2. 片蔭の死角から攻め落としけり 兒玉鈴音【季語=片蔭(夏)】
  3. 風の日や風吹きすさぶ秋刀魚の値 石田波郷【季語=秋刀魚(秋)】
  4. 氷上と氷中同じ木のたましひ 板倉ケンタ【季語=氷(冬)】
  5. 【連載】俳人のホンダナ!#5 渡部有紀子
PAGE TOP