かたぶける

  1. 湖の水かたふけて田植かな 高井几董【季語=田植(夏)】

    湖の水かたふけて田植かな高井几董(大須賀乙字編『故人春夏秋冬』)「かたふけて」は他書には「かたぶけて」とも表記。つまりは「傾けて」ということ。田植えにあたり、一面の田んぼに張られた水をみて、まるで、…

おすすめ記事

  1. さまざまの事おもひ出す桜かな 松尾芭蕉【季語=桜(春)】
  2. 極寒の寝るほかなくて寝鎮まる 西東三鬼【季語=極寒(冬)】
  3. 逢えぬなら思いぬ草紅葉にしゃがみ 池田澄子【季語=草紅葉(秋)】
  4. 冷やっこ試行錯誤のなかにあり 安西水丸【季語=冷やっこ(夏)】
  5. 桔梗やさわや/\と草の雨     楠目橙黄子【季語=桔梗(秋)】

Pickup記事

  1. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【2】/戸矢一斗(「銀漢」同人)
  2. 【春の季語】春雷
  3. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月15日配信分】
  4. 【秋の季語】台風(颱風)
  5. 婿は見えたり見えなかつたり桔梗畑 飯島晴子【季語=桔梗(秋)】
PAGE TOP