くれる

  1. なぐさめてくるゝあたゝかなりし冬    稲畑汀子【季語=冬あたたか(冬)】

    なぐさめてくるゝあたゝかなりし冬(稲畑汀子いなはた・ていこ) 残すところ今年もあと二日。今週はじめに人間ドックも終えて、ドック前日の忘年会もなんのその、滔々と流れる血液と、内臓が描く穏やかな山河に感…

おすすめ記事

  1. 「体育+俳句」【第4回】三島広志+ボクシング
  2. 【復活?】神保町に銀漢亭があったころ【目次】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第129回】朝妻力【最終回】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第19回】平泉と有馬朗人
  5. 秋蝶の転校生のやうに来し 大牧広【季語=秋蝶(秋)】

Pickup記事

  1. 【書評】中西夕紀 第4句集『くれなゐ』(本阿弥書店、2020年)
  2. 【冬の季語】水鳥
  3. 一つづつ包むパイ皮春惜しむ 代田青鳥【季語=春惜しむ(春)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第5回】月野ぽぽな
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」パン・ペルデュ
PAGE TOP