さっと

  1. 一年の颯と過ぎたる障子かな 下坂速穂【季語=障子(冬)】

    一年の颯と過ぎたる障子かな下坂速穂あれよあれよという間に十二月である。時間の感覚は奇妙なもので、今年のお正月のことを一昨日くらいのことのように鮮やかに思い出しもすれば、ひと月ちょっと前の旅行…

おすすめ記事

  1. 賀の客の若きあぐらはよかりけり 能村登四郎【季語=賀客(新年)】
  2. 廃墟春日首なきイエス胴なき使徒 野見山朱鳥【季語=春日(春)】
  3. 【春の季語】大試験
  4. 【春の季語】ヒヤシンス
  5. 降る雪や玉のごとくにランプ拭く 飯田蛇笏【季語=雪降る(冬)】

Pickup記事

  1. 初春の船に届ける祝酒 中西夕紀【季語=初春(新年)】
  2. 【秋の季語】秋高し
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第60回】片山一行
  4. 【冬の季語】人参
  5. 恋にしてわざと敗けたるかるた哉 羅蘇山人【季語=かるた(新年)】
PAGE TOP