しどろもどろ

  1. よもに打薺もしどろもどろ哉 芭蕉【季語=薺打つ(新年)】

    よもに打薺もしどろもどろ哉芭蕉(『芭蕉全発句集』角川ソフィア文庫)「薺打つ」は、七草粥をつくるとき七草を俎にのせて「七草薺唐土の鳥が日本の土地へ渡らぬ先に」などのさまざまな囃し詞を唱えつつ刻んでいた…

おすすめ記事

  1. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2021年8月分】
  2. 【新連載】「ゆれたことば」#1「瓦礫」千倉由穂
  3. 人悼む時のみぞおち青嵐 藤井あかり【季語=青嵐(夏)】
  4. ひそひそと四万六千日の猫 菊田一平【季語=四万六千日(夏)】
  5. 辛酸のほどは椿の絵をかけて 飯島晴子【季語=椿(春)】

Pickup記事

  1. 水仙や古鏡の如く花をかかぐ 松本たかし【季語=水仙(冬)】
  2. 「パリ子育て俳句さんぽ」【10月9日配信分】
  3. 鉛筆一本田川に流れ春休み 森澄雄【季語=春休み(春)】
  4. 春の夜のエプロンをとるしぐさ哉 小沢昭一【季語=春の夜(春)】
  5. 【夏の季語】キャンプ/テント バンガロー キャンプ村 キャンプ場 キャンプファイヤー バーベキュー
PAGE TOP