しばらく

  1. しばらくは箒目に蟻したがへり 本宮哲郎【季語=蟻(夏)】

    しばらくは箒目に蟻したがへり)本宮哲郎 目的地は決っているけど道順がわからない時、人混みに従っていけばたどり着けることがある。人の波に流されていった結果全く違う場所に着くことも当然あるが、筆者の場合…

  2. 内装がしばらく見えて昼の火事 岡野泰輔【季語=火事(冬)】

    内装がしばらく見えて昼の火事)岡野泰輔(句集「なめらかな世界の肉」(201…

おすすめ記事

  1. 老僧の忘れかけたる茸の城 小林衹郊【季語=茸(秋)】
  2. 原爆忌誰もあやまつてはくれず 仙田洋子【季語=原爆忌(秋)】
  3. 倉田有希の「写真と俳句チャレンジ」【第7回】レンズ交換式カメラについて
  4. 【第5回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:岡田由季さん)
  5. 鞦韆は漕ぐべし愛は奪ふべし 三橋鷹女【季語=鞦韆(春)】

Pickup記事

  1. コスモスを愛づゆとりとてなきゴルフ 大橋 晄【季語=コスモス(秋)】
  2. 貝殻の内側光る秋思かな 山西雅子【季語=秋思(秋)】
  3. 「野崎海芋のたべる歳時記」カスレ
  4. 【冬の季語】豆撒く
  5. 白鳥の花の身又の日はありや 成田千空【季語=白鳥(冬)】
PAGE TOP