だけ

  1. きつかけはハンカチ借りしだけのこと 須佐薫子【季語=ハンカチ(夏)】

    きつかけはハンカチ借りしだけのこと須佐薫子(『復活』) 世の中には気の利く男性がいるものである。泣いている女性にさり気なくハンカチを差し出す男性。これは、女性の憧れである。本来、ハンカチは女性が持つ…

  2. コンビニの枇杷って輪郭だけ 原ゆき

    コンビニの枇杷って輪郭だけ原ゆき先日の猛暑日にうっかり水分…

  3. ハナニアラシノタトヘモアルゾ  「サヨナラ」ダケガ人生ダ 井伏鱒二

    ハナニアラシノタトヘモアルゾ 「サヨナラ」ダケガ人生ダ井伏鱒二…

おすすめ記事

  1. 葛の花来るなと言つたではないか 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  2. 【春の季語】春の塵
  3. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第47回】 房総・鹿野山と渡辺水巴
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第20回】竹内宗一郎
  5. 【書評】広渡敬雄『俳句で巡る日本の樹木50選』(本阿弥書店、2021年)

Pickup記事

  1. 逢へば短日人しれず得ししづけさも 野澤節子【季語=短日(冬)】
  2. 本州の最北端の氷旗 飯島晴子【季語=氷旗(夏)】
  3. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年2月分】
  4. 【冬の季語】臘梅(蠟梅)
  5. ラガーらの目に一瞬の空戻る 阪西敦子【季語=ラガー(冬)】
PAGE TOP