だちう

  1. あつ雉子あつ人だちふ目が合うて 西野文代【季語=雉子(春)】

    あつ雉子あつ人だちふ目が合うて)西野文代)我が家の裏手にはかなりの広い空き地がある。今住んでいる貸家の大家さんが、以前畑と田んぼをしていたが、もう使っておらず、いくらでも耕してくれていいと言われ、少…

おすすめ記事

  1. 【連載】歳時記のトリセツ(13)/関悦史さん
  2. 「野崎海芋のたべる歳時記」エゾシカのロースト
  3. 【春の季語】啄木忌
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第48回】松尾清隆
  5. 「けふの難読俳句」【第3回】「象」

Pickup記事

  1. いつよりも長く頭を下げ初詣 八木澤高原【季語=初詣(新年)】
  2. 好きな樹の下を通ひて五月果つ 岡崎るり子【季語=五月果つ(夏)】
  3. コスモスのゆれかはしゐて相うたず      鈴鹿野風呂【季語=コスモス(秋)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第18回】塩竈と佐藤鬼房
  5. 杉の花はるばる飛べり杉のため 山田みづえ【季語=杉の花(春)】
PAGE TOP