だめ

  1. 椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ 池田澄子【季語=椿(春)】

    椿咲くたびに逢いたくなっちゃだめ池田澄子(『ゆく船』) 椿は、年末から咲き始める。木枯しの後の冬麗に咲く冬椿はあだ花のように場違いな横顔を晒す。年が明けて寒に咲く椿は、日差しの隙間より赤い唇を滴らす…

おすすめ記事

  1. 三椏の花三三が九三三が九 稲畑汀子【季語=三椏の花(春)】
  2. 【秋の季語】曼珠沙華
  3. 【春の季語】春一番
  4. ダリヤ活け婚家の家風侵しゆく 鍵和田秞子【季語=ダリヤ(夏)】
  5. 【#32】『教養としての俳句』の本作り

Pickup記事

  1. 【秋の季語】迎鐘/六道参 精霊迎
  2. 【#22】鍛冶屋とセイウチ
  3. 啜り泣く浅蜊のために灯を消せよ 磯貝碧蹄館【季語=浅蜊(春)】
  4. 【夏の季語】海の日
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第44回】 安房と鈴木真砂女
PAGE TOP