つもる

  1. つはの葉につもりし雪の裂けてあり     加賀谷凡秋【季語=雪(冬)】

    つはの葉につもりし雪の裂けてあり加賀谷凡秋(かがや・ぼんしゅう))本格的に日や風のにおい、朝の空の色が冬らしくなって、野菜も味が乗ってきて、ラグビーは佳境に。本当に寒さが訪れる前の東京の、このころは…

おすすめ記事

  1. 武具飾る海をへだてて離れ住み 加藤耕子【季語=武具飾る(夏)】
  2. 【春の季語】春菊
  3. 【夏の季語】筍
  4. 秋草の揺れの移れる体かな 涼野海音【季語=秋草(秋)】
  5. 蚊を食つてうれしき鰭を使ひけり 日原傳【季語=蚊(夏)】

Pickup記事

  1. 浅春の岸辺は龍の匂ひせる 対中いずみ【季語=亀浅春(春)】
  2. 雪といひ初雪といひ直しけり 藤崎久を【季語=初雪(冬)】
  3. 海外のニュースの河馬が泣いていた 木田智美【無季】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第44回】西村麒麟
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第58回】守屋明俊
PAGE TOP