つらつら

  1. うらみつらみつらつら椿柵の向う 山岸由佳【季語=椿(春)】 

    うらみつらみつらつら椿柵の向う山岸由佳ハイクノミカタの記事を堀切さんから依頼されて、句歴の浅い私は何を書こうか思案に暮れた。30歳をいくらか過ぎてから俳句を始めた私は、豆の木という超結社句会…

おすすめ記事

  1. 【春の季語】初東風
  2. 秋鯖や上司罵るために酔ふ 草間時彦【季語=秋鯖(秋)】
  3. たが魂ぞほたるともならで秋の風 横井也有【季語=秋の風(秋)】
  4. 五十なほ待つ心あり髪洗ふ 大石悦子【季語=髪洗ふ(夏)】
  5. 対岸や壁のごとくに虫の闇 抜井諒一【季語=虫(秋)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】素魚
  2. 枯野から信長の弾くピアノかな 手嶋崖元【季語=枯野(冬)】
  3. ひまわりと俺たちなんだか美男子なり 谷佳紀【季語=ひまわり(夏)】
  4. 【春の季語】春雪
  5. 青嵐神木もまた育ちゆく 遠藤由樹子【季語=青嵐(夏)】
PAGE TOP