つわ

  1. つはの葉につもりし雪の裂けてあり     加賀谷凡秋【季語=雪(冬)】

    つはの葉につもりし雪の裂けてあり加賀谷凡秋(かがや・ぼんしゅう))本格的に日や風のにおい、朝の空の色が冬らしくなって、野菜も味が乗ってきて、ラグビーは佳境に。本当に寒さが訪れる前の東京の、このころは…

おすすめ記事

  1. 眼前にある花の句とその花と 田中裕明【季語=花(春)】 
  2. 【秋の季語】秋彼岸
  3. 薄氷の吹かれて端の重なれる 深見けん二【季語=薄氷(冬)】
  4. 女房の化粧の音に秋澄めり 戸松九里【季語=秋澄む(秋)】
  5. 【夏の季語】万緑

Pickup記事

  1. 【冬の季語】鬼やらい
  2. 八月は常なる月ぞ耐へしのべ 八田木枯【季語=八月(秋)】
  3. 黄沙いまかの楼蘭を発つらむか 藤田湘子【季語=黄沙(春)】
  4. 【特集】東日本大震災 10年を迎えて
  5. ぼんやりと夏至を過せり脹脛 佐藤鬼房【季語=夏至(夏)】
PAGE TOP