てあり

  1. つはの葉につもりし雪の裂けてあり     加賀谷凡秋【季語=雪(冬)】

    つはの葉につもりし雪の裂けてあり加賀谷凡秋(かがや・ぼんしゅう))本格的に日や風のにおい、朝の空の色が冬らしくなって、野菜も味が乗ってきて、ラグビーは佳境に。本当に寒さが訪れる前の東京の、このころは…

おすすめ記事

  1. 秋めくや焼鳥を食ふひとの恋 石田波郷【季語=秋めく(秋)】
  2. 団栗の二つであふれ吾子の手は 今瀬剛一【季語=団栗(秋)】
  3. 【春の季語】春の塵
  4. 順番に死ぬわけでなし春二番 山崎聰【季語=春二番(春)】
  5. 【夏の季語】青梅

Pickup記事

  1. 【夏の季語】鮎
  2. カルーセル一曲分の夏日陰  鳥井雪【季語=夏日陰(夏)】
  3. 後輩のデートに出会ふ四月馬鹿 杉原祐之【季語=四月馬鹿(春)】
  4. 【#34】レッド・ツェッペリンとエミール・ゾラの小説
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」ルバーブ
PAGE TOP