ていた

  1. 海外のニュースの河馬が泣いていた 木田智美【無季】

    海外のニュースの河馬が泣いていた木田智美初学のころ、「作句と鑑賞の両輪を鍛える」べく、古今の名句を鑑賞すると謳った入門書を読んだが続かなかった。この名句はこんな背景があり、かくのごとく読むの…

  2. 片蔭の死角から攻め落としけり 兒玉鈴音【季語=片蔭(夏)】

    片蔭の死角から攻め落としけり)兒玉鈴音『第24回俳句甲子園公式作品集』(2…

  3. 復讐の馬乗りの僕嗤っていた 福田若之

    復讐の馬乗りの僕嗤っていた)福田若之句集『自生地』(東京四季出版、2017…

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】秋の空
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第45回】西村厚子
  3. 特定のできぬ遺体や春の泥 高橋咲【季語=春の泥(春)】
  4. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第10回】水無瀬と田中裕明
  5. 福笹につけてもらひし何やかや 高濱年尾【季語=福笹(冬)】

Pickup記事

  1. 蔓の先出てゐてまろし雪むぐら 野村泊月【季語=雪むぐら(冬)】
  2. 【春の季語】紅梅
  3. 【第6回】ラジオ・ポクリット(ゲスト:阪西敦子・太田うさぎさん)【中編】
  4. 【夏の季語】雲の峰
  5. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=螢(夏)】
PAGE TOP