でで虫

  1. でで虫の繰り出す肉に後れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】

    でで虫の繰り出す肉に後れをとる)飯島晴子) この句は昭和五九年の作で、晴子は六三歳。『八頭』に収められている。 最初にこの句を読んだとき、「でで虫の繰り出す肉」というフレーズにどきどきした。…

  2. でで虫の繰り出す肉に遅れをとる 飯島晴子【季語=でで虫(夏)】

    でで虫の繰り出す肉に遅れをとる飯島晴子飯島晴子はいつも吟行…

おすすめ記事

  1. さくらんぼ洗ひにゆきし灯がともり 千原草之【季語=さくらんぼ(夏)】
  2. 落椿とはとつぜんに華やげる 稲畑汀子【季語=落椿(春)】
  3. 花八つ手鍵かけしより夜の家 友岡子郷【季語=花八つ手(冬)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第13回】谷口いづみ
  5. 八月は常なる月ぞ耐へしのべ 八田木枯【季語=八月(秋)】

Pickup記事

  1. アロハ来て息子の嫁を眺めをり 西村麒麟【季語=アロハ(夏)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第19回】平泉と有馬朗人
  3. クリスマス「君と結婚していたら」 堀井春一郎【季語=クリスマス(冬)】
  4. 【冬の季語】熊
  5. 【冬の季語】マスク
PAGE TOP