とろとろ

  1. 寒天煮るとろとろ細火鼠の眼 橋本多佳子【季語=寒天(冬)】

    寒天煮るとろとろ細火鼠の眼橋本多佳子(『橋本多佳子全句集』)角川ソフィア文庫から出た『橋本多佳子全句集』の巻末には季語別索引がついているのでありがたい。ぱらぱら索引を眺めていても「雪」の句が多いこと…

おすすめ記事

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第54回】倉田有希
  2. 蜩やチパナスのあたり雲走る 井岡咀芳【季語=蜩(秋)】
  3. 【春の季語】愛の日
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」卵のココット
  5. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第22回】東山と後藤比奈夫

Pickup記事

  1. 【冬の季語】寒木
  2. 【秋の季語】秋薔薇
  3. 【冬の季語】大寒
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第8回】鈴木てる緒
  5. 懐石の芋の葉にのり衣被  平林春子【季語=衣被(秋)】
PAGE TOP