なりし

  1. なぐさめてくるゝあたゝかなりし冬    稲畑汀子【季語=冬あたたか(冬)】

    なぐさめてくるゝあたゝかなりし冬(稲畑汀子いなはた・ていこ) 残すところ今年もあと二日。今週はじめに人間ドックも終えて、ドック前日の忘年会もなんのその、滔々と流れる血液と、内臓が描く穏やかな山河に感…

  2. 手に負へぬ萩の乱れとなりしかな 安住敦【季語=萩(秋)】

    手に負へぬ萩の乱れとなりしかな安住敦(『午前午後』) 萩は…

  3. 鴨が来て池が愉快となりしかな 坊城俊樹【季語=鴨来る(秋)】

    鴨が来て池が愉快となりしかな坊城俊樹歳時記によると、「鴨来…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】冬
  2. 風邪を引くいのちありしと思ふかな 後藤夜半【季語=風邪(冬)】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第117回】北村皆雄
  4. 野崎海芋の「たべる歳時記」 七草粥
  5. 赤んぼころがり昼寝の漁婦に試射砲音 古沢太穂【季語=昼寝(夏)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】毛糸編む
  2. 「ぺットでいいの」林檎が好きで泣き虫で 楠本憲吉【季語=林檎(秋)】
  3. あまり寒く笑へば妻もわらふなり 石川桂郎【季語=寒し(冬)】
  4. 【連載】新しい短歌をさがして【16】服部崇
  5. 秋蝶のちひさき脳をつまみけり 家藤正人【季語=秋蝶(秋)】
PAGE TOP