はや

  1. 雛節句一夜過ぎ早や二夜過ぎ 星野立子【季語=雛節句(春)】

    雛節句一ト夜過ぎ早や二タ夜過ぎ星野立子今日は3月3日金曜日、雛祭りである。筆者は三人兄弟なので雛祭りとは無縁で育ったが、俳句を作るようになり関心を持ち始めた。先週、兵庫県小野市の「ビッグひなまつり」…

おすすめ記事

  1. こんな本が出た【2021年6月刊行分】
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年4月分】
  3. 神保町に銀漢亭があったころ【第44回】西村麒麟
  4. 降る雪や玉のごとくにランプ拭く 飯田蛇笏【季語=雪降る(冬)】
  5. 神保町に銀漢亭があったころ【第29回】広渡敬雄

Pickup記事

  1. 【新連載】新しい短歌をさがして【1】服部崇
  2. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年1月分】
  3. 杖上げて枯野の雲を縦に裂く 西東三鬼【季語=枯野(冬)】
  4. 【#28】愛媛県の岩松と小野商店
  5. 白衣とて胸に少しの香水を 坊城中子【季語=香水(夏)】
PAGE TOP