ぶり

  1. 澤龜の萬歳見せう御國ぶり 正岡子規【季語=萬歳(新年)】

    澤龜の萬歳見せう御國ぶり正岡子規(『季語別 子規俳句集』)近世の正月の芸能の一つであった万歳は、現在の漫才の祖型になるのだという。そうは言われても、正直なところ万歳がどういうものなのか、よくわからな…

おすすめ記事

  1. 春を待つこころに鳥がゐて動く 八田木枯【季語=春を待つ(冬)】
  2. どの絵にも前のめりして秋の人 藤本夕衣【季語=秋(秋)】
  3. 【春の季語】雲雀
  4. 香水や時折キッとなる婦人 京極杞陽【季語=香水(夏)】
  5. 色里や十歩離れて秋の風 正岡子規【季語=秋の風 (秋)】

Pickup記事

  1. にはとりのかたちに春の日のひかり 西原天気【季語=春の日(春)】
  2. 【第24回】新しい短歌をさがして/服部崇
  3. 凍港や旧露の街はありとのみ 山口誓子【季語=凍つ(冬)】
  4. 酒よろしさやゑんどうの味も好し 上村占魚【季語=豌豆(夏)】
  5. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年4月分】
PAGE TOP