ほどける

  1. 大利根にほどけそめたる春の雲 安東次男【季語=春の雲(春)】

    大利根にほどけそめたる春の雲)安東次男)大阪で生まれ育った私にとって、最も親しい川は大和川。一級河川ではあるが、流域面積日本一の利根川には及ぶべくもない。だがそんな利根川も関西を離れるまでは、教科書…

  2. 眼のなれて闇ほどけゆく白牡丹 桑田和子【季語=白牡丹(夏)】

    眼のなれて闇ほどけゆく白牡丹桑田和子暗闇でだんだんと目は慣…

おすすめ記事

  1. 鯛の眼の高慢主婦を黙らせる 殿村菟絲子
  2. 【冬の季語】神無月/かみなづき 神去月 神在月 時雨月 初霜月
  3. 【冬の季語】マスク
  4. 【春の季語】恋猫
  5. 老人になるまで育ち初あられ 遠山陽子【季語=初霰(冬)】

Pickup記事

  1. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第3回
  2. 火種棒まつ赤に焼けて感謝祭 陽美保子【季語=感謝祭(冬)】
  3. さういへばもう秋か風吹きにけり 今井杏太郎【季語=秋風(秋)】
  4. 数と俳句(四)/小滝肇
  5. 【連載】新しい短歌をさがして【14】服部崇
PAGE TOP