まっしぐら

  1. 電車いままつしぐらなり桐の花 星野立子【季語=桐の花(夏)】

    電車いままつしぐらなり桐の花)星野立子『立子句集』走る「電車」と「桐の花」との取り合わせが印象鮮明な句だ。「いままつしぐら」の措辞は、すべてが明るく生き生きと見えてくる初夏の気分によく合う。…

おすすめ記事

  1. 「野崎海芋のたべる歳時記」エゾシカのロースト
  2. しまうまがシャツ着て跳ねて夏来る 富安風生【季語=夏来る(夏)】
  3. 呪ふ人は好きな人なり紅芙蓉 長谷川かな女【季語=芙蓉(秋)】
  4. 男欲し昼の蛍の掌に匂ふ 小坂順子【季語=蛍(夏)】
  5. 傾けば傾くまゝに進む橇     岡田耿陽【季語=橇(冬)】

Pickup記事

  1. 【冬の季語】枯蓮
  2. 一つづつ包むパイ皮春惜しむ 代田青鳥【季語=春惜しむ(春)】
  3. 【新年の季語】初詣
  4. 水の地球すこしはなれて春の月 正木ゆう子【季語=春の月(春)】
  5. 【連載】歳時記のトリセツ(2)/橋本喜夫さん
PAGE TOP