ゆずる

  1. 弟へ恋と湯婆ゆづります 攝津幸彦【季語=湯婆(冬)】

    弟へ恋と湯婆ゆづります攝津幸彦(『鹿々集』) 兄にとって弟は最初のライバルである。長男であればなおさらだ。母親の乳房も時間も全て自分のものだったのが、ある日突然奪われてしまうのだ。弟の出産により、親…

おすすめ記事

  1. ばか、はしら、かき、はまぐりや春の雪 久保田万太郎【季語=春の雪(春)】
  2. 【夏の季語】バナナ
  3. 若葉してうるさいッ玄米パン屋さん 三橋鷹女【季語=若葉(夏)】
  4. 寝化粧の鏡にポインセチア燃ゆ 小路智壽子【季語=ポインセチア(冬)】
  5. 愛断たむこころ一途に野分中 鷲谷七菜子【季語=野分(秋)】

Pickup記事

  1. 引退馬支援と『ウマ娘』と、私が馬を詠む理由
  2. 葛の花こぼれやすくて親匿され 飯島晴子【季語=葛の花(秋)】
  3. 【連載】歳時記のトリセツ(12)/高山れおなさん
  4. ばばばかと書かれし壁の干菜かな   高濱虚子【季語=干菜(冬)】
  5. 【春の季語】桜
PAGE TOP