らしい

  1. さうらしく見えてだんだん鴉の巣 大畑善昭【季語=鴉の巣(春)】

    さうらしく見えてだんだん鴉の巣大畑善昭先日の句会の兼題は「烏の巣」であった。烏は人間と共存しているので、巣は簡単に見つかると思い、早速、近所の一橋大学キャンパスへ探しに出かけた。敷地内に入り、烏のカ…

  2. 夏場所の終はるころ家建つらしい 堀下翔【季語=夏場所(夏)】

    夏場所の終はるころ家建つらしい堀下翔))いろいろと面白い句…

  3. みかんいろのみかんらしくうずもれている 岡田幸生【季語=蜜柑(冬)】

    みかんいろのみかんらしくうずもれている岡田幸生(新版『無伴奏』2015年)…

おすすめ記事

  1. 旗のごとなびく冬日をふと見たり 高浜虚子【季語=冬日(冬)】
  2. 恋人はめんどうな人さくらんぼ 畑耕一【季語=さくらんぼ(夏)】
  3. 【夏の季語】ラベンダー
  4. 一陣の温き風あり返り花 小松月尚【季語=返り花(冬)】
  5. 嗚呼これは温室独特の匂ひ 田口武【季語=温室(冬)】

Pickup記事

  1. 【春の季語】東風
  2. 【夏の季語】梅雨明
  3. 無方無時無距離砂漠の夜が明けて 津田清子(無季)
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第1回】武田禪次
  5. 蟷螂にコップ被せて閉じ込むる 藤田哲史【季語=蟷螂(秋)】
PAGE TOP