わからない

  1. 言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる 種田山頭火【季語=露草(秋)】

    言葉がわからないので笑うてわかれる露草咲いてゐる種田山頭火(『山頭火俳句集』岩波文庫)種田山頭火は、1940(昭和15)年10月11日に脳溢血で没していて、まもなく没後八十一周年ということになる。つ…

おすすめ記事

  1. なにはともあれの末枯眺めをり 飯島晴子【季語=末枯(秋)】
  2. 春暁のカーテンひくと人たてり 久保ゐの吉【季語=春暁(春)】
  3. 「月光」旅館/開けても開けてもドアがある 高柳重信
  4. 「野崎海芋のたべる歳時記」牡蠣とほうれん草のガーリックソテー
  5. 笠原小百合の「競馬的名句アルバム」【第9回】2006年 朝日杯フューチュリティステークス ドリームジャーニー

Pickup記事

  1. 扇子低く使ひぬ夫に女秘書 藤田直子【季語=扇子(夏)】
  2. 【復活?】神保町に銀漢亭があったころ【目次】
  3. 方舟へ行く一本道の闇上野ちづこ(無季)
  4. 【春の季語】黄水仙
  5. 金閣をにらむ裸の翁かな 大木あまり【季語=裸(夏)】
PAGE TOP