ポスト

  1. 春日差す俳句ポストに南京錠 本多遊子【季語=春日(春)】

    春日差す俳句ポストに南京錠本多遊子))東京23区の端でも桜は満開を過ぎ、日々静心なく散っている。芽吹きの始まったメタセコイアは遠目にはまるで産毛が生えているみたいだ。冬もの衣類もそろそろクリーニング…

おすすめ記事

  1. 恋終りアスパラガスの青すぎる 神保千恵子【季語=アスパラガス(春)】
  2. 一臓器とも耕人の皺の首 谷口智行【季語=耕人(春)】
  3. かなしきかな性病院の煙出 鈴木六林男
  4. 武具飾る海をへだてて離れ住み 加藤耕子【季語=武具飾る(夏)】
  5. 【#44】写真の不思議

Pickup記事

  1. 生垣や忘れ一葉を落し掃く   村尾公羽【季語=一葉(秋)】
  2. 【秋の季語】天高し
  3. 軽き咳して夏葱の刻を過ぐ 飯島晴子【季語=夏葱(夏)】
  4. 鎌倉を驚かしたる余寒あり 高濱虚子【季語=余寒(春)】
  5. 春や昔十五万石の城下哉 正岡子規【季語=春(春)】
PAGE TOP