一夜

  1. 雛節句一夜過ぎ早や二夜過ぎ 星野立子【季語=雛節句(春)】

    雛節句一ト夜過ぎ早や二タ夜過ぎ星野立子今日は3月3日金曜日、雛祭りである。筆者は三人兄弟なので雛祭りとは無縁で育ったが、俳句を作るようになり関心を持ち始めた。先週、兵庫県小野市の「ビッグひなまつり」…

おすすめ記事

  1. カルーセル一曲分の夏日陰  鳥井雪【季語=夏日陰(夏)】
  2. 筍にくらき畳の敷かれあり 飯島晴子【季語=筍(夏)】
  3. うつとりと人見る奈良の鹿子哉 正岡子規【季語=鹿子(夏)】
  4. 神保町に銀漢亭があったころ【第75回】近江文代
  5. さういへばもう秋か風吹きにけり 今井杏太郎【季語=秋風(秋)】

Pickup記事

  1. 水の地球すこしはなれて春の月 正木ゆう子【季語=春の月(春)】
  2. 【冬の季語】寒
  3. 【新連載】新しい短歌をさがして【1】服部崇
  4. 美しきものに火種と蝶の息 宇佐美魚目【季語=蝶(春)】 
  5. 老僧の忘れかけたる茸の城 小林衹郊【季語=茸(秋)】
PAGE TOP