一気に

  1. 背のファスナ一気に割るやちちろ鳴く 村山砂田男【季語=ちちろ鳴く(秋)】

    背のファスナ一気に割るやちちろ鳴く村山砂田男(『夏炉冬扇』) 『娼婦ベロニカ』という映画があった。ヒロインのベロニカは、貴族出身のマルコと恋仲であったが、身分の違いにより結婚を諦める。元高級娼婦の母…

おすすめ記事

  1. 一瞬で耳かきを吸う掃除機を見てしまってからの長い夜 公木正
  2. 【新年の季語】小正月
  3. 【#42】愛媛新聞の連載エッセイ「四季録」で学んだ実感
  4. 鳴きし亀誰も聞いてはをらざりし 後藤比奈夫【季語=亀鳴く(春)】
  5. 男欲し昼の蛍の掌に匂ふ 小坂順子【季語=蛍(夏)】

Pickup記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【2月12日配信分】
  2. 【春の季語】雛
  3. 【冬の季語】年逝く(年行く)
  4. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年3月分】
  5. 杉の花はるばる飛べり杉のため 山田みづえ【季語=杉の花(春)】
PAGE TOP