三枝桂子

  1. 星老いる日の大蛤を生みぬ 三枝桂子【季語=蛤(春)】

    星老いる日の大蛤を生みぬ)三枝桂子)「ネガティヴ・ケイパビリティNegative capability」とは、英国ロマン派の夭折詩人ジョン・キーツが弟宛に送った手紙の一節にある言葉で、一般に「消極的…

おすすめ記事

  1. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2024年3月分】
  2. 【冬の季語】セーター
  3. みな聖樹に吊られてをりぬ羽持てど 堀田季何【季語=聖樹(冬)】
  4. 吊皮のしづかな拳梅雨に入る 村上鞆彦【季語=梅雨に入る(夏)】
  5. ソーダ水方程式を濡らしけり 小川軽舟【季語=ソーダ水(夏)】

Pickup記事

  1. 【秋の季語】鰯雲/鱗雲 鯖雲
  2. 小鳥来る薄き机をひからせて 飯島晴子【季語=小鳥来る(秋)】
  3. 【秋の季語】露草/月草 ほたる草 ばうし花
  4. ゆる俳句ラジオ「鴨と尺蠖」【第7回】
  5. 【冬の季語】凍蝶
PAGE TOP