中村十朗

  1. 神保町に銀漢亭があったころ【第108回】麻里伊

    立春にはシャンパン麻里伊(「や」同人)久しぶりに行く銀漢亭で、久しぶりに会うUさんと中村十朗さんとで待ち合わせたのは、去年の2月4日だった。その日、意外や客はまばらで三人でカウンターに並んだ。寒い日…

おすすめ記事

  1. 梅雨の日の烈しくさせば罌粟は燃ゆ 篠田悌二郎【季語=梅雨・罌粟(夏)】
  2. 立読みの少年夏は斜めに過ぎ 八田木枯【季語=夏(夏)】
  3. 主よ人は木の髄を切る寒い朝 成田千空【季語=寒い(冬)】
  4. 【冬の季語】追儺
  5. 鏡台や猟銃音の湖心より 藺草慶子【季語=猟(冬)】

Pickup記事

  1. 蟷螂の怒りまろびて掃かれけり 田中王城【季語=蟷螂(秋)】
  2. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第49回】 小田原と藤田湘子
  3. 綿入が似合う淋しいけど似合う 大庭紫逢【季語=綿入(冬)】
  4. 【冬の季語】寒椿
  5. 【夏の季語】河童忌/我鬼忌 龍之介忌
PAGE TOP