中野三允

  1. 天高し深海の底は永久に闇 中野三允【季語=天高し(秋)】

    天高し深海の底は永久に闇中野三允(『三允句集拾遺・俳遍路』)変な句である。「天」と「深海」なのでわかりやすすぎる取り合わせ。しかも中七下五(正確には字余りの破調。「永久」を「とわ」と読めば中八、「え…

おすすめ記事

  1. 花八つ手鍵かけしより夜の家 友岡子郷【季語=花八つ手(冬)】
  2. 【夏の季語】額の花
  3. あしかびの沖に御堂の潤み立つ しなだしん【季語=蘆牙(春)】
  4. あかさたなはまやらわをん梅ひらく 西原天気【季語=梅(春)】
  5. 月光や酒になれざるみづのこと 菅 敦【季語=月光(秋)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第32回】城ヶ島と松本たかし
  2. 山茶花のくれなゐひとに訪はれずに 橋本多佳子【季語=山茶花(冬)】
  3. 怒濤聞くかたはら秋の蠅叩 飯島晴子【季語=秋(秋)】
  4. 藍を着古し/棚田の/父祖の/翳となる 上田玄
  5. 【#42】愛媛新聞の連載エッセイ「四季録」で学んだ実感
PAGE TOP