亀田虎童子

  1. イエスほど痩せてはをらず薬喰 亀田虎童子【季語=薬喰(冬)】

    イエスほど痩せてはをらず薬喰亀田虎童子『日本大歳時記』(講談社 1983年)による「薬喰」の解説を引く。「獣肉を食べることを嫌った時代があったので、これを薬と称して食べもした。また鹿の肉は冬…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】海鼠/海鼠舟 海鼠突 酢海鼠 海鼠腸
  2. 遠足や眠る先生はじめて見る 斉藤志歩【季語=遠足(春)】
  3. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2022年11月分】
  4. 【秋の季語】月
  5. 【結社推薦句】コンゲツノハイク【2023年11月分】

Pickup記事

  1. 氷に上る魚木に登る童かな 鷹羽狩行【季語=紅梅(春)】
  2. 流氷や宗谷の門波荒れやまず 山口誓子【季語=流氷(春)】
  3. 観音か聖母か岬の南風に立ち 橋本榮治【季語=南風(夏)】
  4. 螢とび疑ひぶかき親の箸 飯島晴子【季語=螢(夏)】
  5. 新綠を描くみどりをまぜてゐる 加倉井秋を【季語=新綠(夏)】
PAGE TOP