仲寒蟬

  1. 無駄足も無駄骨もある苗木市 仲寒蟬【季語=苗木市(春)】

    無駄足も無駄骨もある苗木市仲寒蟬2Fのカウンター席から駅通りが見えてまったりするのによいカフェ。普段誰も居ない空間にその日は珍しく奥の席に男女カップルの先客が。1口…2口と飲んで落ち着いてき…

  2. 手袋を出て母の手となりにけり 仲寒蟬【季語=手袋(冬)】

    手袋を出て母の手となりにけり仲寒蟬〈なりにけり〉は俳句には…

おすすめ記事

  1. 古池やにとんだ蛙で蜘蛛るTELかな 加藤郁乎
  2. 神保町に銀漢亭があったころ【第80回】佐藤文香
  3. 印刷工枯野に風を増刷す 能城檀【季語=枯野(冬)】
  4. デパートの旗ひらひらと火事の雲 横山白虹【季語=火事(冬)】
  5. 麦秋や光なき海平らけく 上村占魚【季語=麦秋(夏)】

Pickup記事

  1. 俳人・広渡敬雄とゆく全国・俳枕の旅【第19回】平泉と有馬朗人
  2. ピザーラの届かぬ地域だけ吹雪く かくた【季語=吹雪(冬)】
  3. 【冬の季語】聖樹
  4. 【春の季語】ヒヤシンス
  5. 田を植ゑるしづかな音へ出でにけり 中村草田男【季語=田植(夏)】
PAGE TOP