伊藤柏翠

  1. 美しき時雨の虹に人を待つ 森田愛子【季語=時雨(冬)】

    美しき時雨の虹に人を待つ森田愛子(『虹』) 作者は、若くしてその美貌と才を惜しまれつつ亡くなった俳人である。高浜虚子の小説『虹』のヒロインとして知られる。二人が初めて出逢ったのは、昭和16年の正月。…

  2. 燈台に銘あり読みて春惜しむ 伊藤柏翠【季語=春惜しむ(春)】

    燈台に銘あり読みて春惜しむ伊藤柏翠(はくすい)おとなしくし…

おすすめ記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【8月27日配信分】
  2. 見るうちに開き加はり初桜 深見けん二【季語=初桜(春)】
  3. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【4】/津田卓(「銀漢」同人・「雛句会」幹事)
  4. ハイシノミカタ【#2】「奎」(小池康生代表)
  5. 「パリ子育て俳句さんぽ」【6月4日配信分】

Pickup記事

  1. 白牡丹四五日そして雨どつと 高田風人子【季語=白牡丹(夏)】
  2. 年を以て巨人としたり歩み去る 高浜虚子【季語=行年(冬)】
  3. たが魂ぞほたるともならで秋の風 横井也有【季語=秋の風(秋)】
  4. 【春の季語】春野
  5. かき氷日本を捨てる話して 橋本直【季語=かき氷(夏)】
PAGE TOP