1. あひふれしさみだれ傘の重かりし 中村汀女【季語=五月雨(夏)】

    あひふれしさみだれ傘の重かりし中村汀女(『汀女句集』)梅雨の時期は、突然の雨による出逢いや相合傘、雨宿りなど恋の発展がある。若い時には、傘を持っていても忘れてしまった振りをして同じ傘を分かち合い、肩…

  2. 芽柳の傘擦る音の一寸の間 藤松遊子【季語=芽柳(春)】

    芽柳の傘擦る音の一寸の間藤松遊子(ふじまつゆうし)せっかち…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】寒晴
  2. 手を敷いて我も腰掛く十三夜 中村若沙【季語=十三夜(秋)】
  3. 松本実穂 第一歌集『黒い光』(角川書店、2020年)
  4. 又の名のゆうれい草と遊びけり 後藤夜半【季語=ゆうれい草(夏)】
  5. 秋思かがやくストローを嚙みながら 小川楓子【季語=秋思(秋)】

Pickup記事

  1. 雀蛤となるべきちぎりもぎりかな 河東碧梧桐【季語=雀蛤となる(秋)】
  2. しんじつを籠めてくれなゐ真弓の実 後藤比奈夫【季語=真弓の実(秋)】
  3. 天高し風のかたちに牛の尿 鈴木牛後【季語=天高し(秋)】
  4. 懐手蹼ありといつてみよ 石原吉郎【季語=懐手(冬)】
  5. 金魚屋が路地を素通りしてゆきぬ 菖蒲あや【季語=金魚(夏)】
PAGE TOP