1. 片蔭の死角から攻め落としけり 兒玉鈴音【季語=片蔭(夏)】

    片蔭の死角から攻め落としけり)兒玉鈴音『第24回俳句甲子園公式作品集』(2021年11月)83頁)作者は愛知県立幸田高校の生徒。今年度(2021年度)の俳句甲子園全国大会に提出された句の一つである。…

  2. 復讐の馬乗りの僕嗤っていた 福田若之

    復讐の馬乗りの僕嗤っていた)福田若之句集『自生地』(東京四季出版、2017…

  3. ラーメン舌に熱し僕がこんなところに 林田紀音夫

    ラーメン舌に熱し僕がこんなところに林田紀音夫(『風蝕』1961年)…

おすすめ記事

  1. 未来より滝を吹き割る風来たる 夏石番矢【季語=滝(夏)】
  2. 昼顔の見えるひるすぎぽるとがる 加藤郁乎【季語=昼顔(夏)】
  3. COVID-19十一月の黒いくれよん 瀬戸正洋【冬の季語=十一月(冬)】
  4. 「パリ子育て俳句さんぽ」【7月16日配信分】
  5. 枯葉言ふ「最期とは軽いこの音さ」 林翔【季語=枯葉(冬)】

Pickup記事

  1. さくら貝黙うつくしく恋しあふ 仙田洋子【季語=さくら貝(春)】
  2. 【秋の季語】秋分
  3. 来て見ればほゝけちらして猫柳 細見綾子【季語=猫柳(春)】
  4. 【夏の季語】涼しい
  5. 漕いで漕いで郵便配達夫は蝶に 関根誠子【季語=蝶(春)】
PAGE TOP