匂う

  1. 海市あり別れて匂ふ男あり 秦夕美【季語=海市(春)】

    海市あり別れて匂ふ男あり秦夕美(『逃世鬼』)海市とは蜃気楼のことで、海面や地表近くの空気の温度差によって、光の屈折が起こり、遠くの船や景色が浮かびあがって見える現象である。普段は見えないものが見える…

  2. 男欲し昼の蛍の掌に匂ふ 小坂順子【季語=蛍(夏)】

    男欲し昼の蛍の掌に匂ふ小坂順子当該句は上五の「男欲し」に驚…

おすすめ記事

  1. 【秋の季語】名月/満月 望月 今日の月 月今宵 十五夜 芋名月
  2. Tシャツの干し方愛の終わらせ方 神野紗希【季語=Tシャツ(夏)】
  3. 【秋の季語】迎鐘/六道参 精霊迎
  4. 麦真青電柱脚を失へる 土岐錬太郎【季語=青麦(夏)】
  5. 【クラファン目標達成記念!】神保町に銀漢亭があったころリターンズ【18】/我部敬子(「銀漢」同人)

Pickup記事

  1. 樹も草もしづかにて梅雨はじまりぬ 日野草城【季語=梅雨入(夏)】
  2. 【冬の季語】花八手
  3. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第8回
  4. 【秋の季語】秋の蝶
  5. 「野崎海芋のたべる歳時記」コック・オ・ヴァン
PAGE TOP