古い

  1. 利根川のふるきみなとの蓮かな 水原秋櫻子【季語=蓮(夏)】

    利根川のふるきみなとの蓮かな水原秋櫻子(『葛飾』)もともとは東京湾に流れ出ていた利根川を、徳川幕府がこの川をあっちこっち削って繋いでとうとう銚子まで繋ぎ、周辺の河川と合わせ巨大な水路網を整備していっ…

おすすめ記事

  1. 湖の水かたふけて田植かな 高井几董【季語=田植(夏)】
  2. 多国籍香水六時六本木 佐川盟子【季語=香水(夏)】
  3. 【春の季語】春の夜
  4. 白梅や天没地没虚空没 永田耕衣【季語=白梅(春)】
  5. 雪掻きて今宵誘うてもらひけり 榎本好宏【季語=雪掻(冬)】

Pickup記事

  1. 【夏の季語】汗
  2. 嵐の埠頭蹴る油にもまみれ針なき時計 赤尾兜子
  3. 夫婦は赤子があつてぼんやりと暮らす瓜を作つた 中塚一碧楼
  4. 【連載】もしあの俳人が歌人だったら Session#8
  5. 菜の花の斜面を潜水服のまま 今井聖【季語=菜の花(春)】
PAGE TOP