吉岡実

  1. サフランもつて迅い太子についてゆく 飯島晴子【季語=サフランの花(秋)】

    サフランもつて迅い太子についてゆく)飯島晴子 難解をもって鳴る飯島晴子らしい俳句。このナンセンスすれすれの句に恣意的な読みで飯島晴子らしい匂いをかぎとってみたい。 句を散文として読めば文意は…

おすすめ記事

  1. 【冬の季語】梅早し
  2. 【読者参加型】コンゲツノハイクを読む【2023年7月分】
  3. 犬去れば次の犬来る鳥総松 大橋越央子【季語=鳥総松(新年)】
  4. コーヒー沸く香りの朝はハットハウスの青さで 古屋翠渓
  5. 追ふ蝶と追はれる蝶の入れ替はる 岡田由季【季語=蝶(春)】

Pickup記事

  1. 生きものの影入るるたび泉哭く 飯島晴子【季語=泉(夏)】
  2. 【夏の季語】ががんぼ/蚊の姥
  3. 寝化粧の鏡にポインセチア燃ゆ 小路智壽子【季語=ポインセチア(冬)】
  4. 【冬の季語】咳
  5. 金色の種まき赤児がささやくよ  寺田京子【季語=種蒔(春)】 
PAGE TOP