吉田穂津

  1. 着ぶくれて田へ行くだけの橋見ゆる 吉田穂津【季語=着ぶくれ(冬)】

    着ぶくれて田へ行くだけの橋見ゆる吉田穂津「着ぶくれ」はその姿がどこか不格好なことから、諧謔味やちょっとした哀感の漂う季語だが、薄くて軽くしかも暖かい肌着やアウターが安価に手に入る昨今では、かつてほど…

おすすめ記事

  1. 「パリ子育て俳句さんぽ」【11月20日配信分】
  2. 水鳥の和音に還る手毬唄 吉村毬子
  3. 幻影の春泥に投げ出されし靴 星野立子【季語=春泥(春)】
  4. 【新連載】きょうのパン句。【#1】BEAVER BREAD
  5. 【夏の季語】涼し

Pickup記事

  1. 誰かまた銀河に溺るる一悲鳴 河原枇杷男【季語=銀河(秋)】
  2. 春菊や料理教室みな男 仲谷あきら【季語=春菊(春)】
  3. てつぺんにまたすくひ足す落葉焚 藺草慶子【季語=落葉焚(冬)】
  4. 【連載】加島正浩「震災俳句を読み直す」第6回
  5. もう逢わぬ距りは花野にも似て 澁谷道【季語=花野(秋)】
PAGE TOP